セルフケアのすすめ
  健康へのアプローチ
注目の代替療法
 
・玄米食のすすめ
・黒酢・アミノ酸
・玄米酵素
・バンキー療法
・磁気シャワー
・遠赤外線温熱
  酵素栄養学
  おすすめの本
 
  機関紙 ゆまにて
  あれこれ雑記録
 
  資料の請求
  お問い合わせ

(有)健揚
〒361-0035
埼玉県行田市堤根1589
TEL.048(564)1688
FAX.048(554)5724
E-mail
: info@kenyo.net

 
 
ご注文金額、3990円より送料サービス
4,機能性食品(2) 玄米発酵食品   
 手軽な玄米食 玄米酵素
  注目の代替療法 INDEXに戻る
 
■玄米酵素の食べ方について

 

玄米酵素をもっとも簡単に言えば、「手軽な玄米食」ということができます。

 玄米が体に良いということは、広く知られている通りですが、しかし、なかなか玄米食をされる方はいらっしゃいません。それは、炊くのに手間がかかるし、消化のためには良くかまなければならないからです。

 そこで、このような手間がかかる、消化されにくいという問題を解消したのが、麹による発酵です。発酵させてあるので、玄米の豊富な栄養素をそのままに、とても消化・吸収しやすくなっています。胃腸の弱い方でも、白米と一緒に玄米酵素を食べることによって玄米食をしたのと同じような栄養効果がえられます。

 ただし、玄米酵素を食べれば健康になれるというようなことではなく、一番大事なのは、やはり日頃の食生活です。 

 つまり、玄米酵素は、まず食事に気をつけていただいて、それでも、皆さんが普段食べらておられる白米食では不足してしまう栄養素や食物繊維、そして酵素の働きを補うという意味合いを持つ発酵食品であるということになります。

 玄米酵素は、お薬ではなく、発酵食品です。
 玄米を麹菌で発酵させると、お酒になり、そのお酒が酢酸発酵によって玄米黒酢になります。玄米酵素は、ちょうど、お酒になる前の酵素活性が盛んな状態の時に発酵を止めて、それを乾燥させたものです。

 言ってみれば、大豆を納豆菌で発酵させた納豆を乾燥させて作る乾燥納豆と、基本的には同じようなものです。食べ方に、特に気をつけていただくことはなく、普通は、食前か食後(食中、食間でもかまいません)に2袋食べていただけばいいものです。

 

 

 

 
 
 
関連情報
・手軽な玄米食 玄米酵素
 
・玄米酵素の食べ方。
 
・玄米酵素の、健康食品の中での位置づけ。
 
・玄米と発酵の妙技(1) 今、玄米が必要だ
玄米発酵食品のすばらしさを、原料の玄米の面からクローズアップ。
・玄米と発酵の妙技(2) だから、発酵も必要だ。
玄米発酵食品の潜在力を、製造方法の発酵に光を当ててみてみると・・・。
・玄米発酵食品のレシピ
主食と副食のバランスを考えた、玄米発酵食品の食べ方の一例をご紹介。
 
 
   
 

資料・無料サンプル請求のページへすすむ

   
  注目の代替療法 INDEXに戻る
   

Copyright 2001 by KENYO.LTD
All right reserved.