セルフケアのすすめ
  健康へのアプローチ
  注目の代替療法
  酵素栄養学
  おすすめの本
 
機関紙 ゆまにて
  あれこれ雑記録
 
  資料の請求
  お問い合わせ

(有)健揚
〒361-0035
埼玉県行田市堤根1589
TEL.048(564)1688
FAX.048(554)5724
E-mail
: info@kenyo.net



機関紙 ゆまにて

料理教室レポート  by M,Yさん

 
ゆまにて INDEXに戻る
 

 

〈PART T〉 ナチュラルエキスポ2001

 料理教室イラスト去る10月13日、新宿NSビルで開催された“ナチュラルエキスポ2001”に行って来ました。お目当ては、雑穀料理で有名な大谷ゆみ子さんの料理講習。

 私は30分前に会場に入り、前の方の席に座れましたが、10分前には、100人は入れそうな会場の席はすでにいっぱい。立ち見の方が周囲を取り囲むようにずらりと並び、皆の関心の高さに驚きました。

 大谷さんは、写真のイメージそのままの方でした。よく、お肉や卵を摂らず、野菜や穀物だけでは、体が細〜くなってしまうのでは?と考えがちですが、そんな事はないんだと納得させる様に、とても健康そうな方でした。(もちろん太っていませんヨ)

 多くの参加者で熱気を帯びた中、いよいよ料理講習スタート。
マイクをつけた大谷さんが、ステージに立ち、雑穀のすばらしさ、使いまわし方、体への作用など、いろんなお話をしながら、たった1時間のあいだに、雑穀料理をパパッと4品も簡単に作り上げました。

 本日のメニューは、〈高きびハンバーグ〉、〈高きびトマトソース〉、〈モチあわドレッシングサラダ〉、〈モチあわの一口デザート〉。

 この内、試食は高きびのトマトソースとモチあわドレッシングサラダ。
高きびは、食感がぷちぷちしていて、存在感があり、これをソースとしだ“スパゲティー・ミートソースもどき”になるなぁと感じました。

 モチあわドレッシングの方は、その美味しさに驚きました。
私は、雑穀の中で、あわはクセがあるので苦手な方なのですが、その独特のクセが全く感じられず、とても食べやすかったです。

 講習会場の外では、雑穀料理レストラン『Tsubu Tsubu Cafe』が出店していて、高きびのカレー、あわのナゲット、粒そばソーセージ、ひえのフリッターなど、本の写真でしか見た事が無かった様な料理がズラリと並んでいて、「あれも食べてみたい、これはどんな味だろう」の欲求を抑えるのが大変でした。

 又、そこには、デザートのコーナーもあり、雑穀のお菓子がコレ又ずらり。
何個か食べてみましたが、一番美味しかったのが、ひえのバナナケーキでした。砂糖も卵も使っていないのに、どうしたらこんな甘さとふわふわ感が出せるんだろうと、感激の美味しさでした。今でも、あの味は忘れられないでいます。

最近、私も家で少し雑穀料理を作る様になりました。
ひと通り試した結果、“ひえ”が一番クセが無く美味しい気がします。初めは雑穀を炊くのがめんどう・・・と思っていましたが、慣れればそれ程でもありませんョ☆ 良かったら一度雑穀料理にチャレンジしてみて下さいね。

ゆまにて INDEXに戻る

 

〈part U〉 グルテンミートの唐揚げレシピ

 雑穀の話がずれますが、以前、両国のエコロビル2Fの自然食レストランで食べたグルテンミートの唐揚げが美味しかったので、家で作ってみたところ、意外に簡単だし、家族にも好評、翌日のお弁当にもGOODだったので、オススメしますね。

グルテンミートの唐揚げ
〈材料〉4人分  (T=大さじ)
   グルテンミート・・・・・一缶
   生姜汁・・・・・・1T
   ニンニク・・・・・1/2T
   醤油・・・・1と1/5T

(衣)片栗粉   30g  
   ビオ21  1T ←私はきなこを使いました。

   揚げ油


〈作り方〉

  1. @グルテンミートは缶から出し、水で軽く洗い、布巾などで水気をきる。それを斜めのそぎ切りにする。
  2. @に生姜汁、おろしニンニク、醤油で下味をつける。
  3. 衣の材料を混ぜ合わせ、Aにまぶす様につける。
  4. 180度の油でカラリと揚げる


※このレシピは、玄米酵素のエコロクッキングスクール発行の「雑穀野菜の美味しい食事」という本に載っています。ALLカラーで、写真も載っています。

 

ゆまにて INDEXに戻る

 

 

〈part V〉 エコロクッキングスクール クリスマスランチ

 12月12日、エコロクッキングスクール特別講習会に行って来ました。今回のテーマは“クリスマスランチ”。

 参加者は4〜5人の班にわかれ、和気あいあいとした雰囲気の中の実習でした。

 メニューは、「赤米のリゾット」、「蕪(かぶ)ともずくと菊の花のサラダ」、「グルテンミートのカルカッタ風」、「ホットチョコケーキ」、「ハーブティー」。

 試食はX’masデコレーションしたテーブルに、きれににセッティングし、スパークリングワインで乾杯! クッキーのお土産まで付きました。 動物性のものは使わなかったのに、物足りなさを感じず、食べやすく、美味しかったです。同テーブルの人達と色んな話をし、他の料理教室の体験談など、貴重な情報も得ることができました。

 又、講師の川越先生は、料理のデモンストレーション中、身土不二一物全体食の意味、油の良し悪し、抗癌力について、食べ物と病気の関係など、ためになる話をわかりやすく色々と教えてくれました。

中でも、「リンゴ1コ食べるのは、大さじ3杯の砂糖と摂ったのと同じ」というのはショックを受けました。

 本で読んだのですが、白血球一つのバクテリア破壊力は、砂糖摂取ゼロの時、14あるのに、砂糖大さじ2で10に減り、砂糖大さじ8でわずか1になり、病原菌と戦う力が弱くなり、多くの病気にかかりやすくなるそうです。

 クッキー、ケーキ、パン、アイス、清涼飲料水などには、たっぷり砂糖が入っているし、出来合いのお惣菜などにも、結構砂糖が入っているので、自分で考えている以上に体に入ってくる事があると思います。私は「砂糖断ち」を決意して2年以上になりますが、ちょっと気を許すと、多量の砂糖が体内に入ってきます。そんな時は、すかさず玄米酵素のお世話になっています。

   
  ゆまにて INDEXに戻る
   

Copyright 2001 by KENYO.LTD
All right reserved.