セルフケアのすすめ
  健康へのアプローチ
  注目の代替療法
  酵素栄養学
  おすすめの本
 
  機関紙 ゆまにて
あれこれ雑記録
 
  資料の請求
  お問い合わせ

(有)健揚
〒361-0035
埼玉県行田市堤根1589
TEL.048(564)1688
FAX.048(554)5724
E-mail
: info@kenyo.net

  あれこれ雑記録 INDEXに戻る
 
アミノ酸について注意すべきこと
 
 

2001/06/24(日) 22:26:59
今日、健康の問題をあつかったテレビ番組で
「アミノ酸特集」をやっていたので、家族でみてました。
アミノ酸を大々的に取り上げてくれているので、
それはいいと思いましたが、ちょっと気になることがあるので書いておきます。

アミノ酸は、タンパク質を構成する物質です。
人間の体は約60兆の細胞によってできあがっていますが、
この細胞もタンパク質がなければつくられません。
また、血液もそうですし、そして、このHPで大々的に取り上げている酵素も
タンパク質が主原料です。
ということは、アミノ酸が、私たちの生命を支えているということになります。
ですから、とても大切なものなわけです。これは、番組の趣旨通りですね。

でも、問題は摂取の仕方です。
このサイトの「健康へのアプローチ」にも書きましたが、
科学的に合成された物質は、それがビタミンであれ、ミネラルであれ、
そしてアミノ酸であっても、あまり体に良いとはいえません。
有効成分はあったとしても、それが化学物質である以上
体にとっては異物になるおそれがあります。
とればとるほど、薬と同じで解毒されるのに肝臓に負担をかけます。

以前、アメリカでこんな事件がおきました。
ある日本の会社が、向精神薬を製造しました。
その中には、化学合成されたトリプトファンという必須アミノ酸がはいっていました。
トリプトファンには、精神安定作用があると考えられるからです。
ところが、それを飲んだアメリカ人の何人かが、亡くなってしまったというのです。
そこで、アメリカでは、向精神薬に入っていたトリプトファンとの因果関係が疑われて、確かトリプトファンの製造は禁止されたと思います。今はどうなっているか、わかりません。

スポーツドリンクなども、カンの横に、いろいろなビタミンやミネラルが
書き連ねてありますから、何も知らない人は、体に良いと思ってのんでしまうでしょう。

けれども、それらのビタミン、ミネラルは化学合成されたもので、
天然ビタミンではないと思います。
天然ビタミンなら、あんなに安く大量につくれないと思います。
体には決してよくないでしょう。

ですから、大事なのは、アミノ酸にしてもビタミンにしても、
安全なものを選んで飲むということです。

アミノ酸をとるなら、やはり玄米から作られた黒酢がいいと思います
(それもメーカーを選んだほうが良いです)。

黒酢には、玄米の米糠に含まれているタンパク質が、
麹菌などが作り出すタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)によって、
分解されてできた、天然のアミノ酸が豊富にあります。

お酢だけでなく、発酵食品は栄養的にみて良いものばかりです。
自分の体を守るためには
そういう自然の産物に目を向けるべきだと思います。

 
  あれこれ雑記録 INDEXに戻る

Copyright 2001 by KENYO.LTD
All right reserved.